江渡華子『笑ふ』

江渡華子の第二句集。

2007~2015の276句。
章題を「ひとり」「ふたり」「みごもり」「みたり」とし
人生の展開を表現している。

愛されて小指で汗をぬぐふなり
夕立やいつか離れる土地ならむ
夏の雨夫の目覚ましで起きる
置手紙トマト重しに使はれて
暑中見舞たまりし女子寮のポスト
鳳仙花嗅ぐとき膝まづく母よ
さかさまにブーツ干されて愛淋し
子に名前つけてよ春を呼ぶやうに
紫陽花や笑つてほしいから笑ふ
初夏の川を見送る暮らしかな

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価